今すぐお金が欲しい!賢く借入する為の情報を提供しています。
> どれを選択すればいい?銀行と銀行系?消費者金融?何が違うの

どれを選択すればいい?
銀行と銀行系?消費者金融?何が違うの

お金を借りる時にどこで借りる?一番始めに思いつくのは銀行ではないでしょうか?
小さい頃からお金を借りる話しなどはテレビドラマでも銀行が出てくると思います。

ほとんどが大手企業の話しで、広い応接間などで融資してもらうと言うような
印象ですね!実際には違いますが...。

銀行のカードローン

銀行が直接発行しているカードローンです。銀行法の下で事業を行っています。

銀行系消費者金融

銀行の傘下に入っている消費者金融です。
もともと独立していた消費者金融ですが、法改正やリーマンショックなどの影響もあり
銀行の資本が入り資金面をバックアップしています。

レイクは以前まで貸金業法下で事業を行っていた消費者金融でしたが、現在は新生銀行グループの
新生フィナンシャルが運営しているので 総量規制対象外のカードローンになっています。

基本的には銀行カードローンは銀行法の下、事業を行い、
銀行系消費者金融は 銀行法ではなく、賃金業法の下、事業を行っています。

どこに違いがあるかというと、2010年に施行された総量規制をご存知でしょうか?
この総量規制によって年収の3分の1を超える借入が出来なくなりました。
この総量規制は賃金業法下で事業を行っている場合なので、
銀行カードローンは総量規制対象外なのです。

言ってしまうと年収の3分の1を超えて借入することが法律上は可能なのです。
審査の上借入できるかはわかりませんが、可能性はあります。
また、銀行カードローンの方が金利が低いので、
もし借入する場合は銀行カードローンの方が良いかもしれません。
ただし、少し時間がかかったり、審査が厳しいのは知っておかなければいけません。